Top

ワードプレスの記事編集を楽にする記事編集ボタンの設置方法

ワードプレスで自分の記事を見ている時に「あ!誤字発見!」ということがよくあると思います。

そういう時、その記事から直接記事編集ページに行けるリンクがあればいいなーと思い作って設置してみました。

wordpress-entry-edit

いちいちログインページを開いて記事編集ページでその記事を探してというのは結構大変ですし、昔の記事であったり、記事が多い場合は尚更大変です。検索するのも面倒くさいです。それを解決する「記事編集ボタン」

記事編集ということに関していえば豪華なプラグインなどもあるようなので、それを使っている方もいるのかもしれません。ただ、プラグインは重くて使いたくないので、functions.php に貼りつけるだけで簡単に使えるコードを考えてみました。

このコードを使うと、記事の一番下に「記事編集」というリンクが出来ます。それをクリックするとその記事の編集ページまで飛ぶようになってます。ログインしているかの判定をしているため、自分がログインしてる時のみ表示される仕組みとなっています。通常の状態では見えません。自分のブログに来てくれた人には見えないボタンということです。

ログイン時

ログイン時

通常時

ログイン時

ログイン時のみ「記事編集」というリンクができています。

記事編集ボタン用コード

functions.php

function edit($the_content) {
    if (is_single() && is_user_logged_in()) {
        $return  = $the_content;
        $return .= '<a target="_blank" href="'.get_edit_post_link().'">記事編集</a>';
        return $return;
    } else {
        return $the_content;
    }
}
add_filter('the_content','edit');

上記コードを一部改変して functions.php に追加することで「記事編集ボタン」を入れることが出来ます。自動で URL を取得しますのでそのままコピペで貼り付ければ OK です。

記事編集」のテキスト部分も変えることが出来ますが、ログインしている自分にしか見えないので、そのままでいいよという場合は変更しなくても OK です。

「記事編集」のリンクは、各々のブログの CSS 等の設定により色や見え方が変わります。このボタン自体のデザインを CSS で変更することも出来ますが、自分しか見えないモノのためそういう必要はないでしょう。どうしてもデザインを変えたいという場合は、a タグに class など付けて CSS でデザインを変更してあげてください。「ボタン」言ってる割にはボタンっぽくないですので、自分以外見えないものですがいじってもいいかもしれません。

参考:WordPressのフィルターフックで投稿を全て夢オチにする方法と、真面目な使い方

まとめ

これで誤字脱字発見時の記事編集が楽になりました。