Top

AMP ページが Google 検索結果に出る基準の調査

いよいよ Google が AMP(Accelerated Mobile Pages Project)を開始しました。

検索結果がすでに AMP の検索結果となっていますので、今回は AMP カルーセルが出ているページを実際に調べて、どういう基準でカルーセルに表示されるのかを簡単ですが調査しました。

AMP(Accelerated Mobile Pages)

AMP に関する詳しい情報は以下を参考にしてください。

参考:AMP(Accelerated Mobile Pages Project)
参考:AMPをワードプレスにプラグイン無しで設定する方法

ニュース性の強い話題に AMP カルーセルが表示される

しっかりとした基準はまだイマイチわからないですが、以下のクエリ(検索結果)で AMP カルーセルが表示されていることを確認しました。

「Google」で検索

「Google」で検索

「AMP」で検索

「AMP」で検索

「ベッキー」で検索

「ベッキー」で検索

「ジカ熱」で検索

「ジカ熱」で検索

ニュース性の強い話題で、ビッククエリのみでカルーセルが出現しているようです。

AMP のプロジェクト自体ニュースメディアでの実装を Google がオススメしていたので当たり前かもしれませんが、ビッククエリでも直近でニュース性の話題がない場合は出ていないようです。「政治」や「サッカー」ではAMP対応ページがないのかニュース性がないのわかりませんが、今日現在カルーセルは出ていませんでした。

スポンサーリンク

「3日以内」の記事のみ確認

まだAMPのカルーセルが出ている検索ワードを見つけることが結構難しいのですが、カルーセルが出ていてそこに掲載されている記事は最も古いもので「3日前」でした。

「3日前」のAMP記事

「4日前」以前を探してみましたが自分の調べた範囲では存在しませんでした。AMP カルーセルに記事を出現させるには「3日前」まで限定なのかもしれません。ただし、この辺はもう少し時間をかけて調査しないと確定とはいえません。

検索の1ページ目に出ていなくても AMP カルーセルには掲載される可能性がある

いくつかの AMP の記事を見て、その記事自体が検索結果の1ページ目に出ているかを確認しましたが、その必要は無いようです。検索結果の2ページ以内に載っていないような記事でも3日以内の情報だからなのか AMP カルーセルに出ている記事をいくつか確認しました。AMP に対応していて新しい記事であれば検索結果の最初のカルーセルに表示されるということのようです。ただし、3日以内なら確実というわけでは当然ないとは思います。

カルーセル内での掲載順位は時間だけのアルゴリズムではないようですが、最新の情報であれば AMP カルーセルに出してくれるようです。

カルーセル以外の AMP 表示方法も存在する

AMP カルーセルばかり扱ってきましたが、AMP の検索結果表示方法はカルーセル以外に「トップニュース」への表示方法が存在することを確認しました。

「トップニュース」での AMP 表示

「トップニュース」でAMP表示

この場合、AMP のカルーセルは表示されず、1記事のみ AMP のマーク付きで検索結果に出ます。当記事も無事 Google に AMP として認識されトップニュースで1ページ目の検索結果に出ました。

カルーセル表示ではなく、このような表示方法になる理由はまだよくわかりませんが、検索クエリでの最新(3日以内)の AMP 対応記事の存在が少ない場合、このようにカルーセルではなく1記事だけニュース扱いで AMP 記事が表示されるのかもしれません。

現在この記事の「AMP Google」での検索順位は、3ページ目と高いとは言えない順位です。AMP に対応していることで、1ページ目に掲載されやすくなったとも考えられます。

この表示の場合でも、AMP カルーセルに表示された時と同じく、Google にページがキャッシュされクリックされた瞬間に超高速で表示してくれます。

AMPキャッシュされた記事の表示

まとめ

まだ始まったばかりの AMP プロジェクトですので、これからも変更・修正はあると思います。

ただ「ニュース」的な記事が AMP カルーセルに載るということは間違いないようです。一般的にブログで言われる「ストック記事」のような記事では AMP に今のところ掲載されない、新鮮な情報のみが掲載されるということのようです。

この状況が続くのであれば AMP に対応させる記事は「ニュース記事」そして「3日以内の記事」のみで良いということになりますね。Google から何かのアナウンスがあるかもしれませんし、どうなっていくか見守らなくてはいけませんが現状だけ見るとこういう結論となります。